相席食堂が面白すぎるのと、ドキュメンタルシーズン7が残念な件について

たまには、プライムビデオでアニメ以外を見ようとします。バラエティが割と出ていますが、笑いの密度が薄いというか、あまりハマるものがないのです。そんな中、見つけたのが「相席食堂」でございます。お笑い芸人の千鳥がMC?ですが、これが狂うぐらい面白いです。

毎回、多様なタレントが街ぶらして、飲食店で相席をするという交流バラエティ

プライムビデオには、数は少ないですが神回が公開されています。これが最高におもしろい。ちなみに個人的に大好きなタレント回は以下の通りです。

  • 長州力
  • 千原せいじ
  • 西川きよし
  • 亀田史郎(Amazonじゃまだ未公開)

この4人は、ひきつけを起こすんじゃないかってくらい笑いました。「ノルディックおやじ」「細大吾」「食ってみな。飛ぶぞ」「さいこー」など名言も面白いんですが、千鳥が面白いところを見つける天才です。千鳥と一緒にVTRを観て大笑いするような感じです。観てない方はもったいないです。是非観ましょう!

スポンサーリンク

ドキュメンタル シーズン7 の感想

視聴したのですが、ちょっと思うところがあり、少し辛口です。ただの視聴者で、笑いのプロでもないですが、つらつら書こうと思います。

メンバーを確認して、ワクワクして視聴したのですが、なんか残念な感じです。ドキュメンタルってキレ芸になったり、演技に入ると途端に視聴が辛くなるくらい、つまらなくなります。コント調は別にいいんですが、長い尺のわりに、笑いが小さかったり、滑ったら空気感は最悪です。

笑いはある程度の、プロレス要素が必要に思えます。「これから仕掛けるぞ!」って展開に対し、「嫌だ」とか急にキレてお茶を濁して笑わないように回避するのはナンセンスです。相手の攻撃を全身で受けて、相手も全身でこちらの攻撃を受ける。技の逃げあいなど観ている視聴者としては、つまらなくてしょうがないです。だったら非公開で、内輪でやればいいじゃんと言ってしまいそうです。

スポンサーリンク

ザブングルの加藤がひどすぎる

とりあえず、ザブングルの加藤がシーズン7をつまらなくした張本人ですね。笑いの起きない泣き芸でずっと泣く演技に入る。まっちゃんから「それやめよ」と注意されても、加藤には「くやしいです」と泣くことしかないんですかね?きちんと相手の技を受けようとする姿もなく、つまらないコントを演じ続けます。

そのせいで、他の人のターンがあまりなかったです。ゾンビタイムも少なく、加藤のキレと泣きで時間を割いた感じです。何回も仕掛けてきて「またかよ…」とうんざりします(攻めることは良いことですが、プランがなさそう)1人目で退場してくれれば、番組自体がまだ面白くなる可能性もありました。残念です。

ドキュメンタル3でも、プラス・マイナスの岩橋が急にキレる。でかい声でつまらないギャグを言うなど、完全に周りから浮いてました。今回は、加藤がそれになっていましたね。

「笑わない=面白くない人」というのが、ドキュメンタルを観ていて思うところですね。笑わないのは、お笑いとして少しズレてるからかもしれません。

スポンサーリンク

ハリウッドザコシショウが面白い!

ハリウッドザコシショウは、ドキュメンタルというステージと非常に相性が良いように思えます。タイミングやしつこさなど笑いを考えて動いている気がします。「吹き出すまでやる!」って感じです。追いつめて限界がきて吹き出す。強いです。

受けもきっちりやります。これで、ずっと変人をし続けて攻撃を受けないなら批評もありますが、「受けるときはきっちる受ける」というのがとても好印象でした。きちんと面白い。

他の人のターンも、もっと欲しかったですが、あんまりなかったですね。ゾンビタイムや笑わせポイントなど、回数を重ねるごとに良いシステムが導入されていますが、ターン性があってもいいかもしれません。何もできずに退場する人がもったいない。お笑いサバイバルに、もう少しゲーム性を持たせても面白いかもしれません。

ドキュメンタル シーズン8が出たら、もちろん視聴しますが、どうなるんでしょうね?新システムが重要になると思いますが、楽しみに待ちますw

スポンサーリンク
[colwrap][col2] [/col2][col2] [/col2][/colwrap]