日記を書くなら、紙より家計簿アプリとブログを使うと良い理由。

日々、充実した生活を送りたいと思いませんか?思いますよね!

何もせずにボケーっと過ごして、夕方に後悔するならば意識的に行動して毎日を過ごす必要があります。

そんな中で、日々を振り替えるという事で日記を書いている人を多いと思います。ですが、誤解を恐れずに言わせてもらうなら、

「ただの日記じゃもったいなくね?」

と思うわけですそのことに関して今回は書いていきたいと思います。

私は今年度より、無職となり絶賛就活中ですが、3月くらいから

「退職したら日記でも書こう」と思っていました。

しかし、ただ日記を書くという形式は私には合いませんでした。その理由は以下の通りです。

  1. 「朝ごはん食べたとか書く意味なくね?学んだことや感じたことも書いていこう」
  2. 「工夫して書き始めたけど、自分だけ見るにはもったいなくね?そもそも自分で見返さないなぁ」
  3. 「どうせ書くなら、もっとプラスになる感じにしたい」

……すごい、漠然とした感じですね。要するに、ただ日記を書くだけの行為に疑問が生じ始めたのです。なんか付加価値が欲しいと思ったんですね。

「自分の為にも、何重にもメリットを感じられたほうが、日記が有意義になるな」

そこで、試行錯誤を繰り返し自分に合っている形式を見つけ出しました。それが、

  • 家計簿アプリ
  • ブログ

これらで日記を書くというスタイルなので、細かく説明していきたいと思います。

家計簿をつけると、日々の出費が分かるし行動を振り返られる。

「○○月○○日は何してたっけ?」「丁度一か月前何してたっけ?」と振り返るときに、家計簿アプリがとても使えます。それは、出費記録から思い出せるというもの。ある意味、家計簿=目次のようなものです。

家計簿アプリは、無料でダウンロード出来ます。以前は家計簿を紙で書こうとしましたが、

  • ノートとペンを持ち歩かないといけない。
  • 記録をするときにノートとペンを出さないといけない。
  • 書く時間と場所が限られる。

そうです。紙媒体は私にとってすごく不便なんです。自分好みに細かくレイアウトやデザインできますが、上記のような『めんどくささ』がどうしてもあります。

続けるコツとして『簡単で生活の一部になれるシステム』が重要です。

スマホと財布は私が必ず持ち歩くため、スマホアプリは都合がよく、書き込みのフットワークが軽いです。ポケットから取り出して、片手で入力するだけですから。

ただ、家計簿アプリだけでは、欠点があります。それは、

  • 目次的に過去の行動を振り返られるが、その場の感情や学びなどが思い出せない
  • 買い物していない時は何をした日かわからない

ということになると思います。そんな時におすすめなのが、ブログなのです。その理由も下記で書いていきます。

スポンサーリンク

ブログは他者に向けて書く文章だからこそ、意味のあるものが書ける。

なぜ、ブログという形式が良いかというと他人への発信を意識するからです。

インターネット上に文章を置くことになると、誰から見られるか分かりません。炎上も怖くなり文章に気を付けるようになります。

「自分の日記じゃん。愚痴とか書きたい」

という方もいると思いますが、「マイナスなことを書いていると、それに囚われて自分自身の質も下がってしまう」と私は考えているため、ブログにより毒気がなくなるのは、むしろ良いと思っています。

また、

経験を経て何を学ぶかも重要です。「良い経験したなぁ」「昨日思いついたアイディアはやっぱりよかったな」など思うのは良いのですが、思って終わりではもったいないです。

第三者に向けて、書くということは、分かってもらえるように考えることになります。理解してもらうためには、文章の構成や5W1Hを付け加えたりと、より深く経験を掘り下げようと思います。

それが結果的に、自分の思考を整理し記憶に定着させる作業となるのです。

教えてもらうより、教えるほうが理解力も深くないとできないし脳にも自分の知識として刻まれます。自分の血肉にするためにも、ブログはお勧めです。

ブログ開設時は、このようにアクセス数が少ないですが、確実に誰かの目には入っています。しかも、日記なんで、最悪数は気にしなければいいのです(最強の発想)

まとめると

  • 家計簿アプリ=自分の生活の目次となり、支出状況も分かる。
  • ブログ=自分の経験や思いを細かく分析でき、記憶に定着できる

ということになります。家計簿とブログは本当におススメです。

余談ですが YouTubeへの投稿も面白いかもしれません。 ビデオブログという言葉もあり、顔出しや炎上が怖くなければ、自分の声や表情も記録できるので、もっと明確に記録ができます。私も顔出しはしていませんが、趣味で動画投稿を行っています。

スポンサーリンク
[colwrap][col2] [/col2][col2] [/col2][/colwrap]