手足口病はノロウイルスと同じ対処・対応で大丈夫!予防や症状を紹介!

最近、ニュースでよく見る「手足口病」という病気ってどんな病気か知っていますか?昔からあった病気だけど最近よく聞くと思います。

ここ最近の患者数は2万人近くだとかで無視できない病気です。でもあんまりどういうものか知りません。手足口に何が起こるの?

ということで調べてみたから、ここで紹介したいと思います。

スポンサーリンク

手足口病は夏季に流行する!消毒は効く?

  • 7月にピークを迎えるウイルス性の感染症。
  • 原因ウイルスは複数あるので何度もかかる可能性もある。
  • 患者のほとんどは小児で、5歳未満の小児が80%を占める。
  • たまに大人にも感染する。

ざっと箇条書きにしてみましたが、こんな感じです。

手足口病のウイルスは複数ありますが、「ノンエンベロープウイルス」に分類されます。これは、アルコール消毒剤や熱に対する抵抗力が高いです。

アルコール消毒が効かないの!?ノロウイルスじゃん!

ということでハイターのような、次亜塩素酸が効きます。

最近ではノンエンベロープウイルスにも有効な新しい「酸性アルコール消毒剤」が開発されているらしいです。

スポンサーリンク

手足口病の症状は?

三日から六日の潜伏後、口の中の粘膜や手のひら足の裏足の甲などに水疱性の発疹が現れて発熱します。

まさに手足口だね。

水疱は治る場合が多く、1週間程度でなくなります。ですが、口の中にできた水疱がつぶれた後にできる口内炎がひどく、食事が取れず脱水症状を起こすこともあります。

考えただけでも恐ろしいですね。口内炎は苦手です。しかも口中にたくさんできるのはやばいです。

刺激性の低い飲み物を飲んで脱水対策です。炭酸やオレンジジュースは口内炎にしみるので牛乳やポタージュが良いです。豆腐やプリンも優しいですね。

感染経路は、保菌者の唾などの飛沫感染。排出する便や水疱からの直接感染。特に、便は一か月はウイルスが排出されるため、感染力が長いです。

基本ノロウイルスと対応は変わらない感じです。

スポンサーリンク

発症しても薬がない?

現状、手足口病に対する特効薬はないらしいです。ノロウイルスと一緒で便などで排出されるのを待つ感じです。

通院に行くと口内炎に対して鎮痛薬で痛みを和らげたり、軟膏などが処方されることもある。必ず通院して医師に相談したほうが良いです。

私はノロウイルスの時に極度の脱水状態になり、点滴を2本入れたら症状が良くなりました。通院は絶対必要。

家での過ごし方や、通学通勤の相談もしたほうが良いね。

基本ノロウイルスと対応は一緒だから、薬局でノロ用消毒剤を探すのもおススメです。

スポンサーリンク

動画も合わせてどうぞ!

スポンサーリンク
[colwrap][col2] [/col2][col2] [/col2][/colwrap]