ハリポタGOって、どういうゲーム?簡単に解説します!

3年前に配信されて、大ブームになったスマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」を皆さんは知っていますか?

知ってるよ。いまだにみんなやってるよ。あなたは、すぐに飽きたでしょ?

なんかめんどくさくてw、でも同じようなゲームで「イングレス」は楽しんで遊んでました。(野良猫を探すついでに)

 街に飛び出してスマホの位置情報や、 AR 拡張現実の技術を使ってモンスターを捕まえるゲーム。そんなポケモン GO のハリーポッター版が出ました。

マジか!?

ポケモンGOを開発した企業が、新たに大ヒット映画「ハリーポッターシリーズ」を題材としたスマホゲームの配信を日本で始めました。

ポケモンGOは社会現象になったけど、今回はどうなるんでしょうね?

スマホゲーム ハリーポッター『魔法同盟』

魔法ワールドを自分自身が、魔法使いになって楽しめるゲーム。プレイヤーが魔法使いとなり魔法界のキャラクターを助けたり敵を倒したりして遊びます。

ポケモン GO と同じで、位置情報と AR 拡張現実を使ったゲームだね。

画面に出てくる矢印を綺麗になぞると、呪文が発動します。自分が実際に歩いて、出会った魔法動物をコレクションできるから集める楽しみがあります。

マップにある背の高い建物は砦で、ここに行くと強い敵と戦いになる。敵を倒せばアイテムなどの報酬が手に入ります。敵と戦う時に、複数のプレイヤーと協力して戦うことも可能です。

ハリーポッターシリーズを展開するワーナーブラザースとポケモン GO の制作会社ナイアンティックが共同開発したアプリなんだね。マップもポケモンGOと遜色ない感じだね。

スポンサーリンク

『アプリのダウンロード数が世界中で10億を超えたポケモンGO。今回は、ハリーポッターファンも詳しくない人も楽しめる』

ってワーナーの人はインタビューに応えてました。ポケモン GO のプレイヤーは、10億人以上いる。その人たちがプレイするのは間違いないね。

ポケモン GO が登場した3年前、注目を集めたのはマクドナルドや自治体がポケモン GO を集客ツールとして活用したことです。

ゲーム開発会社とパートナー提携を結ぶと、レアなモンスターを手に入れられるスポットになるため人が殺到する。そして今回も、ソフトバンクがハリーポッター魔法同盟のオフィシャルパートナー第一号として参画することが決定している。

全国およそ3300のソフトバンクショップが、強敵と戦う砦などのスポットになるらしい。

ちなみに、このアプリは企業との連携が大きな収入源となっています。今後、ソフトバンク以外の提携も進めていくらしいです。

ポケモンGOはマクドナルドやセブンイレブンなど沢山の企業と提携していたが、ハリポタGOも、これからどんどん提携企業が増やしていき、課金に頼らないビジネスモデルを提供していくらしいです 。

また、レアモンスターが出るたびに人が群がるのか。でも、砦で戦闘になると、立ち止まるから歩きスマホ防止っぽいね。 プレイするときは、周囲に気を付けましょう。

スポンサーリンク

動画も合わせてどうぞ。

スポンサーリンク
[colwrap][col2] [/col2][col2] [/col2][/colwrap]