お庭で鶏を飼ってみよう!住宅街での注意点やメリット・デメリットについて

我が家には、幸運なことに割と広い庭があった為に、9匹の鶏(ボリスブラウン)を飼っています。鶏を飼いたいと思っている人もいるんじゃないでしょうか?

私はもうすぐ飼い始めて2年になります。正直飼ってよかったという気持ちが強いのですが、デメリットも考えて、少し話したいと思います。

住宅街で飼うなら絶対茶色いメス!

住宅街で飼う際に、一番注意しないといけないのは、鳴き声による騒音問題だと思います。「コケコッコー」と鳴くのは基本オスです。メスも鳴きますが「ココー」などと可愛いものです。それに、鶏はメスだけでも卵を産めます(無精卵ですが)

白い鶏(白色レグホーン)と茶色い鶏(ボリスブラウン)が主に卵用の鶏です。白い鶏は白い卵を産み、茶色い鶏は茶色い卵を産みます。栄養価的には特に変わりはないようです。そして、白色レグホーンの方が神経質で、ボリスブラウンは穏やかで比較的、家で飼いやすい品種です。白色レグホーンのオスが祖母の家にいたそうですが、それは狂暴だったと聞きます。

スポンサーリンク

鶏を飼うメリット

  • 新鮮な卵を産む
  • 懐いて可愛い
  • 野菜の切れ端など、食べ残しを食べてもらえる
  • 除草してくれる。

なんといっても、新鮮な卵。これが目的といっても過言ではありません。しかし産み始めて2~3年で産卵率は下がるらしいです。コストだけを考えると養鶏所はこの時点で、処分し入れ替えるらしいです。どう飼うかですね。家畜として産卵率が下がったら、鶏を食べて新しい若い鶏を飼うかペットとして産まなくなっても飼うか。これは人それぞれだと思います。

ちなみに懐きます。愛着が生まれます。本当に可愛いです。後ろをついてきます。草を食べてくれたり、ネギ類以外の生ごみも食べてくれます。鶏自身がよく穴を掘ったり土を混ぜているので。大体は土に還ります。超エコロジー。

スポンサーリンク

鶏を飼うデメリット

  • 糞尿の臭い
  • 鳴き声による近所迷惑
  • 動物病院があまりない
  • 複数羽飼っていると外出できない
  • 野生動物に狙われる。

ざっとこんな感じでしょうか?最近では自宅の中で飼う人もいると聞きますが、やはり庭で飼うのが自然でベストでしょう。脱走すると地域でちょっとした騒動になるので、管理には十分注意が必要だと思います。

糞尿の臭いはある程度、土で分解されます。多く飼うと場所をどんどん入れ替えないと匂いが発生しますね。多く飼っていると外出もなかなか。1~2羽がベストではないでしょうか?毎日1~2個うむので、正直十分な量です。

産卵を多くする鶏は品種改良なので、どうしても排卵系の病気になりやすく、観てくれる病院も少ないです。小さいうちは野生動物や野良猫に食べられてしまいます。成鶏までなれば、小型犬よりでかいので、安全です。餌代もそこまでかかりません。

スポンサーリンク

各家庭に鶏一匹いてもいいじゃない!

一家庭に一羽いてもいいともいます。各動画を張っておきますので、雰囲気だけでも感じてもらえればと思います。また、書くことが思いついたら更新しようと思います。

スポンサーリンク
[colwrap][col2] [/col2][col2] [/col2][/colwrap]