ダイキンの空気清浄機のお手入れの仕方!

我が家で、3年以上働いているダイキンの空気清浄機。猫砂の前で稼働していましたが、最近効果が薄れてきたようで臭いを感じるようになりました。

「おかしいな?」と空気清浄機のモードをターボにすると更に臭くなり、「空気清浄機自体が臭い!?」という事態に陥った為この度、徹底的にお手入れをすることにしました。

今までは、掃除機でついたホコリを吸い取る程度でしたが、説明書を見ながら分解してお手入れをします。

説明書を見ながら、各パーツを取り出していこう。

まず、トレーを外します。今回は、取り外せるパーツをドンドン外していきます。以下がリストです。

  • 前面カバー
  • ユニット1
  • ユニット2
  • プレフィルター
  • 集塵フィルター(水洗いや掃除機不可)
  • 脱臭フィルター(水洗い不可)
  • 水タンク
  • 加湿トレー・フィルター

ちなみに、集塵フィルターは掃除不可です。穴が開いたら、効果がなくなってしまいます。軽くはたいてホコリを飛ばす程度で良いかもしれません。

今回は、水洗いできるパーツは全部水洗いをしていきます。

ユニット1は、イオン線と金属板にびっしりホコリがへばりついています。これは、掃除機で吸い込むことができず、濡れたタオルで拭く必要があります(今回は水洗い)

イオン線は切れやすいので、扱うときは細心の注意を測りましょう。ユニット1から線は外しません。ピンと張っている状態で掃除します。

ユニット2も取り出します。ユニット内部をのぞき込むと、ストリーマの線が見えます。これが曲がったり折れると性能が低下するので、注意が必要です。

各ユニットを取り出したら、見えるホコリを掃除機で吸いましょう。この場面で、吸い込まないとプレフィルターを外した時に、ホコリが舞います。

その後、プレフィルター、集塵フィルター、脱臭フィルターを取り出します。

そしたら、側面の水タンクと加湿トレーを外しましょう。加湿トレーは初めて取り出すときは少し外しにくいです。

やや上向きに力を入れながら引き抜くと簡単に外せます。というより、こんなに簡単に外れるなら、春先に掃除したかった。

加湿トレーには、歯車のように加湿フィルターがついてます。そのまま引き抜けます。

そしたら、『お湯に中性洗剤を入れてつけ置き』の時間です。つけ置きするのは

  • ユニット1
  • ユニット2
  • プレフィルター
  • 加湿フィルター
  • 水タンク

です。

洗面大やキッチンのシンクを使っても良いですが、ちょっとパーツ数が多いので、浴槽が無難です。シャワーで洗剤も洗い流せるしノンストレスですよ。

スポンサーリンク

分解が終わったら、水洗いを開始!

加湿トレーには、フロートや銀イオンカートリッジがついてますが、外す必要はありません。下手に取らず、目に見えて汚れているところを掃除します。

つけ置きしている間に、本体の拭き掃除をしていきます。

細かいチリやホコリが、すごい汚いですよ。丁寧に拭きます。

ホコリセンサーも汚いです。掃除機でホコリを吸いこんだら、優しくタオルで拭きます。

ここで、一息コーヒーブレイク。1時間たったところで、浴室の各パーツを水で十分にすすいでから、タオルで拭きます。

イオン線は、本来銀色ですが、汚れでくすんでいます。丁寧に拭くとタオルが青色になり、イオン線も本来の色になっていきます。

ユニット2内部のストリーマ線も汚れていますが、曲げないように、綿棒で優しく拭きます。

そしたら、各パーツを陰干しします。脱臭フィルターは、軽く霧吹きをして、濡らしてから干します。集塵フィルターは軽くホコリを払う程度でOK。

スポンサーリンク

十分に乾燥したら、組み立てていく

乾燥が終わったら、組み立てていきます。フィルターの順番に注意しましょう。

加湿フィルターは濡れていても、問題ないです。本来濡れて使用するものですから。でも加湿する予定がなくせっかく洗ったのなら、乾燥してから入れたほうが菌の発生も抑えられます。

そんな感じで、終了しました。使ってみるとなんとなく空気が澄んでいるような気がします。私は24時間ずっと空気清浄機は動作しているので、半年に1回くらいは、水洗いしたほうが良いかもしれません。

スポンサーリンク
[colwrap][col2] [/col2][col2] [/col2][/colwrap]